おもちゃのサブスクサービスというもの

スーパーなどでも言える事ですが、街のおもちゃ屋が減って行き、海外の大型店舗が入るようになりました。店に行くとその品揃えと、天井の高さに驚く事でしょう。子供も大はしゃぎですが、子供のおもちゃの選び方というのは視野が狭く、入ってすぐ気に入った物を欲しいと言ったらそれに決めてしまったりします。もっと全体を見て回ってから決めればいいのに、と思いますが全体を見ても結局それを選ぶのですから、インスピレーションが重要なのでしょう。

しかしそこまで執着したわりに、すぐに飽きてしまうのも子供のあるあるです。飽きたらないのと同然なので買ったお金は無駄になりますし、もったいない話ですがどうしようもありません。どうにかするための手段として、おもちゃのサブスクというものが登場しています。月次お金を払うというサブスク形式の契約で、毎月おもちゃが送られて来ます。

これはランダムに選ばれたもので希望は通らないのですが、一応年代と性別から好きそうなものがピックアップされます。サブスクなので毎月送られて来て、飽きたとしてもすぐ次の月になるのでおもちゃを手に入れるチャンスとしては相当頻繁になるでしょう。新しいのが来たら前のは返さなければいけないのですが、ひと月十分遊んだので、よほど執着しなければそろそろ飽きている頃です。そのタイミングで切り替わるので、中々子供の心情に即したサービスと言えるのではないでしょうか。

一応新品ではなく中古品になりますが、子供はあまり気にしません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です