おもちゃのサブスクで頻繁に楽しみを得る

電気やガスなどの公共料金の支払いは、いつまで必要というものではなくずっと必要なため、毎月引き落としやクレジット払いなどで支払っていくものです。同様に携帯電話の料金へと広がり、現在ではネットのサービスで多く使われています。特にソフトウェアにも広がりを見せているこの支払い方法はサブスクと呼ばれ、サブスクリプションを略したものです。基本的には形のないものを対象としたものですが、一部あるものにも採用されており、その奇抜なアイデアはおもちゃのサブスクです。

おもちゃは常に欲しいというよりも、子供が小さいうちに遊ばせたいものですが、好みなどもあるので欲しがるものを与えたいものです。しかし問題は、子供は欲しがったのにすぐ飽きるという点で、この悩みは各家庭の親が抱えているものでしょう。そこで、おもちゃのサブスクでは定期的に新しいおもちゃを届けてくれるという試みをしています。つまり量で押し込む考え方であり、飽きなかったら良いとして飽きたとしてもまたすぐ次を送ってくれるのです。

それにより常に新鮮味のあるおもちゃで遊べるという環境が出来上がり、人気を博しています。ただし届く物は基本的にランダムで、選べません。そして一定期間を経て返却しなければならないため、自分のものとして欲しい子には合わないかもしれません。しかし普通に考えて毎月新しいものをもらえるというのは夢の様な環境であり、少し体験してみたいと考える家庭も多いようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です