おもちゃをサブスクにするとどうなるのか

おもちゃをサブスク、つまり月額定額のサービスに切り替えると購入とはどういった違いがあらわれるのか、メリットについても気になるものです。おもちゃのサブスクは日本でも普及している状況で、動画の定額サービスのように毎月決まった料金でレンタルできるようになっています。サブスクはおもちゃの購入を不要にしてくれるメリットが大きく、毎月のように何か購入して子供に買い与えている家庭にとっては、節約に繋がる切っ掛けが得られます。また返却を前提に借りて使うことになるので、子供には借りた物を大切に扱うことを教える教育になります。

気になるのは破損や紛失ですが、通常の使用における瑕疵は弁償せずに済んだり、一定額の追加料金で賄える保険が用意されていることが多いので安心です。おもちゃのサブスクは箱詰めされた状態で宅配で届きますから、お店に買いに行く手間や時間が省けます。宅配は数ヶ月に1回のペースが主流で、1回あたり数個から十数個のおもちゃがまとめて届けられます。サブスクは子供の年齢と、過去の利用におけるアンケートなどから、最適と思われるものが厳選され提供されます。

つまり、利用期間が長くなればなるほど子供の好みが分かりますし、納得できて満足できるものが手元に届きやすくなるわけです。最初は好みとは違うものが届くこともありますが、次第に不満を満足の割合が上回ることになります。ちなみに提供は知育玩具や絵本が中心ですから、知的好奇心が刺激されたり指先や頭を使って楽しむことが可能です。おもちゃのサブスクのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です